坐骨神経痛は病名じゃない?

「坐骨神経痛なんです」と言われることが多いです。
坐骨神経痛はそもそも病名ではないのでなぜ坐骨神経痛なのかを解明しないといけません。
坐骨神経痛とは腰から足にかけて伸びている坐骨神経が圧迫・刺激されることで現れる、痛みやシビれるような痛みなどの症状を言います。太ももの外側やふくらはぎに多いです。

若年層では腰椎椎間板ヘルニアの発生により坐骨神経痛が発生することが多いです。
高齢者になると腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症によって発生することが多いです。
そのほかにも梨状筋が原因になることもあります。

椎間板ヘルニアでは背骨と背骨の間にある椎間板が原因となります。椎間板の中には髄核と呼ばれるスーパーボールのような組織があり腰を丸めると髄核が後方に移動し、腰を反らすと髄核が前方に移動します。前屈みで髄核が後方に移動しさらに負荷が加わることで髄核が後方へと飛び出し、椎間板が押し出され、脊柱管の中にある神経を圧迫することで痛みやシビれを誘発します。

脊柱管狭窄症では背骨の隙間から出てくる神経を圧迫することで痛みやシビれ、間欠性跛行などの症状を誘発します。圧迫は骨棘の過剰形成や、椎間板の膨隆、椎間関節の肥厚、黄色靭帯によって起こります。

梨状筋が原因になるときは筋肉が硬くなることが多いです。
梨状筋は股関節を外旋させる筋肉です。骨盤と大腿骨を結んでいます。歩いてる時の症状や座りっぱなしが多い方などにも多く見られます。靴の踵の減り具合でも梨状筋の影響を見ることができます。しかし最新の研究では梨状筋のみならずお尻の筋肉の奥の方で発生することから深臀部症候群と呼ばれることもあります。

各年代によって原因となる部位が大きく異なることがわかります。
すでに症状がある方は症状に対しての治療を進めながらこのような疾患の再発を予防する治療が必要です。
今現在、このような症状がない方は予防が必要です。

ヘルニアも脊柱管狭窄症も梨状筋由来の坐骨神経痛も原因をしっかりとなくしたり、起こさないようにすれば坐骨神経痛の発生リスクを0に近づけることができます。

上に挙げた疾患の原因となる共通点はどこにあると思いますか?

その答えの根本は筋力低下にあります。

筋力が低下すると姿勢が悪くなります。
姿勢が悪くなると筋肉や関節が硬くなりやすくなります。
筋肉や関節の柔軟性が損なわれると関節の動きにエラーが生じ関節の肥厚や、椎間板への負荷の増加、骨棘の増殖が起きやすくなり整形外科疾患へと移行するのです。
ですので症状の治療をいくら一生懸命したところでそれは氷山の海面から見えている一部分に手をかけているだけです。
氷山は海中で大きく発達しているため上の小さな見えている部分を切除しても次に出てくるのはさらに大きい部分です。
症状をしっかりとり、その中に隠れている根本的な部分まで治療することでより快適な生活を送れるのではないでしょうか?

私たちは今お悩みの症状のみならず、皆様の生活背景を把握し、より良い生活を送れるためのお手伝いをさせていただきます。
ぜひ、症状でお悩みで根本解決をしたいと思われましたら、当院までご連絡ください!
皆様からのご連絡お待ちしております。