★ばね指でお困りの方へ★

こんにちは!中野駅前りゅうせい接骨院です!

皆さんは仕事中急に指が伸ばせず痛みが出てきてしまったり、朝起きた時に指がこわばってしまって動かしにくくなったりすることございませんか?

こういった症状をお持ちのかたはばね指という疾患に罹患している可能性がございます。

今回はそんなばね指に関してお話ししていこうと思います。

まず、ばね指になりやすい人の特徴についてです。

ばね指は手・指の使いすぎで起こることが主な原因になります。なので、自分の手作業で物を作り上げる職人の方や日中洗濯や料理などの家事をこなしている主婦さんに多かったりします。

またばね指は出産後のホルモンバランスの乱れによっても起こしやすかったりもするので女性に多い疾患でもあります。

こういった方々は前述した通り手の使いすぎで起きますが、

ではなぜ手を使いすぎることによってあんなにも指を伸ばせなくなってしまったり、動かそうとした時に痛みを生じてしまうのか?

そんなところもご説明していこうと思います。

手の指は手のひらのところにある屈筋腱と呼ばれる組織が腱鞘と呼ばれるトンネルを通って滑走が起きることによってスムーズに曲げることが出来ます。

そういった構造をしている中で指を使いすぎることで屈筋腱と腱鞘が重なっているところに摩擦が起きてしまい、炎症がおきることで痛みが発生したり、腫れてきてしまうことによって通過障害が起きてしまいます。

つまりばね指を治していくには使いすぎで発生した炎症を抑えていく必要があります!

病院では炎症が起きている部位に対してステロイドの注射をしたり、ひどい場合には手術をして腱鞘を切開する方法もあるそうです。

しかし指に注射をしたり手術を施すのも結構不安ですよね。

当院ではこういった症状に対して炎症が起きている部位に対して鍼灸治療やマッサージ、炎症を抑えるのにとても特化した電気治療などもご用意しております。

ですので患者様に最適な方法で治療することが可能になります!

またそれだけではなく今後二度とばね指を発生させないためにしっかりとした固定を施したり、普段から使いすぎないために私たち施術者が生活指導などのアドバイスもさせていただくことも可能です。

ばね指は痛みなどの症状をそのまま放置していてもなにもいい結果は生みません。むしろ我慢をしていると変形を起こしてしまったりすることもございます。

ですので、もしこのブログを読まれている方で心当たりがある方はおひとりで抱え込むのではなく私たちにご相談ください。

最適な治療をご利用いただくことでばね指をになりにくい体を作るだけでなく、疲労を溜めない体を作ったり、止めていたスポーツ活動を再開したりあなただけの目標を叶うことにもつながります。

一緒にお体を治していきましょう!!!