★足裏の痛みでお悩みのある方へ★

歩いた時に足裏に痛みを感じたことはありませんか?

今回は季節問わず足裏に痛みが出てしまう足底腱膜炎についてお話します。
良く聞かれる症状としては「歩くたびに踵周囲が痛む」「足裏全体が張っている感じがある」などを主訴が多いです。
足底腱膜炎になってしまうほとんどの原因は扁平足です。足裏は土踏まずと呼ばれるアーチ状になっており、足への衝撃を和らげるクッションの働きや、体重を支える役割を担っていますが、このアーチが低くなってしまっていることを扁平足と呼び足底腱膜炎になってしまうほとんどの方に扁平足がみられます。
弓矢をイメージして頂けると分かりやすいです。弓が伸ばされてしまうと、その分弦も伸ばされてしまいます。伸ばされ続けた弦はやがて切れてしまいます。人間の足裏で腱が切れることはそう簡単にはありませんが同じような負担が足裏にかかることで炎症を起こし痛みが出てしまうのです。

またアーチがあっても足底腱膜炎になってしまう例として、つま先が尖がっているビジネスシューズで外回りされる方が挙げられます。
これは足の指が伸ばされ続けその負担の増加により小さな損傷が生じ、その発生と修復のバランスが崩れることで症状が引き起されてしまうのです。
この様にシューズを履いているだけで足底腱膜にストレスが加わってしまうので、靴の見直しをすることをおすすめします。

この様に足底腱膜炎は日常生活を送っているだけで負担が掛かり痛みが出てしまうので、治療期間も長くなることが多いです。簡単に再発しますので、何が原因で痛みが出てしまっているのか検査し、足の治療と原因を解決し再発予防を行うことが大切です。
まず治療としては、「安静」にすることが一番大事になります。
ですが、お仕事で外回りをすることがあるのならば、なるべく移動は自転車を使うなど足裏に負担のかかることは避けましょう。

またその他の原因として足裏に体重が掛かる際に負担が大きくなる「姿勢」が挙げられます。
重心が前に掛かり過ぎてしまって常に爪先立ちをしているかのような姿勢になってしまっていると足裏に負担が掛かりシューズを変えても扁平足でなくても足底腱膜炎になってしまいます。

これらを解決すことで痛みの問題だけでなく痛みの原因の解決・再発予防に繋がっていきます

当院で治療を行う際は①足裏の症状に対しての治療、②足裏の負担を減らす治療、③再発予防をメニューとして一人一人の患者様にピッタリな治療をご提供します。

ぜひ今足裏の痛みでお困りでしたら当院で治療をしてみませんか?
ご予約は当院の公式LINEもしくはお電話でご連絡ください!